キャッシングの後で気をつけること

キャッシングを利用する人の中には、大至急で現金を用意しなければいけない状況にある人も多いと思います。特に初めてキャッシングをする時は、金利や返済期間など細かい条件を検討することなしに借り入れをしてしまう場合も多いようです。

借り入れの時には気持ちが焦っているから仕方ないとしても、キャッシングの後で借り入れ条件などを自分で見直してみることが大切です。

ところが多くの人は、借りたらお金をそのまま使うだけ。金利や自分の収入との兼ね合いでどれぐらいの返済条件がベストなのかを検討しないと、後々、元本金額が思いもよらない額になっていたということになりかねません。

金利計算などに疎い方の場合には、貸出先の消費者金融に相談してみることも一つの方法です。相談を受けた消費者金融としては、貸し出し時に提出した収入証明書などから最適な返済プランの提案をしてくれることもあります。

返済プランを検討することで、毎月の返済額が固定しますので生活が安定してくるメリットがあります。消費者金融で借り入れをして毎月の返済に困っていたり、今度の返済について少しでも不安のある人は、一度、相談してみたほうがいいですね。

このことはキャッシングを上手に利用するためにも必要なことです。

利息についてきちんと考える

借りる前に少し待って考えてみる

皆さんは自動車保険に入った時や火災保険に入った時その証書を隅から隅まで見られるでしょうか?統計的に日本人はほとんど見ないといわれています。保険会社やその従業員の説明を信頼しているからかもしれませんが、世界的に見るとこの日本の習慣は珍しい事で逆にきちんと証書を読む人のほうが多いようです。

ではお金を借りた時はどうでしょうか?

たとえばキャッシングでお金を借りた時にその契約書をきちんと見ますか?これは絶対に見るべきです。お金を借りて返さなくてはいけないのは私達本人ですからきちんと読み込みどのくらいの利率なのかを知る必要があります。

利率計算が得意でない方もいるでしょう。しかしそのキャッシング会社のホームページで計算できるようになっていますから必ず計算しましょう。

この利率の計算は必ず借りる前にしましょう。そうするなら利率を計算して借りる額に対していくらの利子を払うのかを知ることが出来ます。

そして最終的に払い終えるまでにどのくらいの利子を払う事になるのかを確認しその額に納得できるのなら借りましょう。たいていその利息の額に驚く事でしょう。

そのリスクを良く考慮して借りた額に負われるのではなく逆に追う事ができるようなプランを持ちましょう。

初めてのキャッシングにはWebが便利

今までにキャッシングを何度か申し込んだことがあるという人の場合は申し込み方法について悩むことは無いでしょうが、初めてのキャッシングをする人にとっては申し込みをするだけでも一苦労です。少しでも楽に申し込みをするためにはWeb経由での申し込みが適しています。

Web申し込みの場合は、時間制限というものは無いですから、自分のペースで必要事項の入力を進めていくことができます。初めての申し込みの場合は、職場の住所や電話番号、自分の資産など、意外と調べないとわからないことが多いものです。

また、申し込みをする段階になってから、収入証明書類が必要だということを知る人も少なくありません。店頭や無人契約機だと不備があるたび申し込み中断ということになりますから大変です。

またWeb申し込みの場合は、時間を選ばないというのも嬉しいです。ついつい時間がかかって夜遅くになってしまったりしても構いません。忙しい人は朝早めに起きて出勤前に申し込みを済ませてもいいでしょう。

もちろん、Web申し込みの場合も、入力途中であれば申し込みをキャンセルしても構いません。とりあえず、Web申し込みで必要な入力事項がどんなものか確認してみるという使い方もありえるでしょう。